安全なオンライン ショッピングに関するクイズ

2007 にはオンライン ショッピングによる消費額が 1570 億ドルに達すると予測したアナリストもいます。これは過去最高の金額です。多くのユーザーがオンライン ショッピングを楽しんでいますが、危険なサイトにアクセスしていないでしょうか?オンラインで頻繁に買い物をしていても、いつも安全に利用しているとは限りません。
では、次の 10 個の質問に答えてみましょう。

1. 米国の法律で、詐欺被害の利用者負担額が最高 50 ドルとされているのはどの決済方法ですか?





2. Web アドレスの先頭に鍵のアイコン 鍵のアイコン または「https」という文字が付いている場合、このサイトは正規のもので安全にショッピングができると思いますか?


3. フィッシング詐欺というサイバー犯罪を聞いたことがあるかもしれませんが、実際にどのようなものか知っていますか?



4. 検索エンジンは不正な会社の広告掲載は認めないので、広告でスポンサー リンク (検索エンジン ページの上部や横に表示されるリンク) を使用している企業のほうが通常のリンクを使用している企業よりも安全だと思いますか。


5. ショッピングを始める前にパソコンを再起動すれば、インターネット カフェや公共の無線 LAN のホットスポットでも安全にオンライン ショッピングができると思いますか?


6. 有名なオンライン ショップで買い物をすれば、物理的な店舗と同様に安全なオンライン ショッピングができると思いますか? 新しいショップの場合には、買い物を行う前に検索エンジンで他人の評判を調べたり、電話番号が分かれば電話で確認すれば、安全だと思いますか?


7. 似たような 2 つのサイトがあります。一つは正規のもので、もう一つは危険なサイトです。どのくらいの確率で安全なサイトが選ばれると思いますか?




8. パソコンに最新のセキュリティ対策がインストールされていれば、クレジットカード情報などをメールで送っても安全でしょうか?


9. McAfee と National Cyber Security Alliance の最近の調査によると、回答者の 74% はフィッシング詐欺メールを受信し、その中の 92% の回答者が本物のメールだと思ったと答えています。この回答者のパソコンの何 % にフィッシング詐欺対策がインストールされていたと思いますか?




10. Apple や Microsoft などの企業が自社製品の取り扱いを偽物のサイトに許可することはありません。スポンサーのアンケートに答えると iPods や Xboxes などの電気製品を無料で提供するとしているサイトは正規のサイトと考えていいでしょうか?